<便潜血検査について>
スクリーニング検査(ポリープや癌があるかどうかを拾い上げる検査)としては、この便潜血検査は非常に優れていると思います。
​便を提出するのに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、痛くないですし、簡便です。
しかし、便潜血検査に引っかからなかったと言って、病気が無いとは言えません。
進行がんでも便潜血が陰性(引っかからなかった)だった患者さんもいらっしゃいます。
毎年検査(便潜血検査)をしていたのに内視鏡(大腸カメラ)で癌が見つかったという患者さんを多くみてきました。
内視鏡医(内視鏡を専門で施行している医師)からすると当然のことですが、患者さん側からすると、「知らなかった」と言う方が多いのではないでしょうか。
便潜血検査は内視鏡(大腸カメラ)を受けるきっかけにはなりますが、便潜血検査の結果により、内視鏡(大腸カメラ)を受けない患者さんが出ることについては非常に危険なことだと思っています。

© 2019 

​山下内科クリニック

048-573-6111