<糖尿病​>

​空腹時血糖が126mg/dl以上でHbA1cが6.5%以上の場合を糖尿病と診断します。高い血糖値の持続により、目の網膜や、腎臓の小さいな血管及び全身の動脈硬化症を起こしてしまいます。神経の障害や白内障等の合併症も起こしてしまい、生活の質(QOL)を低下させてしまいます。適切な血糖コントロールをしましょう。

© 2019 

​山下内科クリニック

048-573-6111