<高脂血症>

悪玉コレステロールと言われているLDLコレステロールの値が140mg/dl以上の場合を一般的に高脂血症と言います。高脂血症(脂質異常)は、動脈硬化の原因です。動脈硬化はプラークと呼ばれる内膜肥厚巣が血管径を狭くしたり、血管を詰まらせたりします。心筋梗塞、脳梗塞を引き起こすことがあります。薬による治療のみならず、普段の生活習慣を見直す必要があります。