<胃瘻造設術>

PEG
Percutaneous endoscopic gastrostomy
経皮内視鏡的胃瘻造設術と呼ばれます。最初に、胃瘻造設は延命目的にするものではありません。食事を口から食べて腸管を使用することは体にとって非常に良いことです。下咽頭癌、食道癌等の放射線治療で、一時的に喉、食道が使用できない(食事が通過できない)状態にある時には、胃の中に直接食事を入れてあげることができます。
CT画像.jpg
(CTで腹壁と胃の間に腸管や肝臓が入っていないか確認します)
胃壁固定.jpg
(腹壁と胃を糸で固定します)
胃瘻造設PEG.jpg
(胃瘻作成状態)
​体外から注入した栄養剤などが、ここから直接胃に流れ込みます。