​<季節性インフルエンザワクチンは効くのですか?

打った方がいいのですか?>

はい、効いています。打った方がいいです。少なくとも私は打ちます。

効いているというのは、ワクチンを打ったらインフルエンザにならないということではありません。ワクチンを打った場合と、打たなかった場合を比較して、打った方が、インフルエンザになる確率が低いということです。その年度により効果が異なりますが、毎年比較的安定した効果を発揮しています。アメリカの疾病対策予防センター(CDC)のまとめでは、打った場合の方が約10%~60%インフルエンザになりにくくなったとの報告があります。ワクチンの予防効果は接種後2週間後から得られ、5か月程度持続すると言われています。最も大きな効果は重症化を防ぐことです。

<参考>

CDC Seasonal Flu Vaccine Effectiveness Studies,2004-2019

© 2019 

​山下内科クリニック

048-573-6111